ハエマンサス

今日のお花は   ハエマンサス    です



























a0187196_04342115.jpg































・彼岸花(ひがんばな)科。
・学名  Haemanthus albiflos   


Haemanthus : ハエマンサス属    
albiflos : 白い



・南アフリカ地方原産。 
明治初期に渡来。
球根植物。

・刷毛(はけ)のようなフサフサの花。 
温室でたまに見かける。
・葉っぱは多肉質で、ぶっとい。 
「万年青(おもと)」の葉に似ており、そこから花の形状と合わせて 
「眉刷毛万年青(まゆはけおもと)」と名付けられた。 



・別名 「眉刷毛万年青(マユハケオモト)」





























a0187196_04341483.jpg





















花言葉

 「裕福」
















[PR]

# by i_spica_m | 2017-11-23 07:33 | Diaryflower | Comments(0)  

バラ(薔薇)白 

今日のお花は   バラ(薔薇)白   です

























a0187196_04073951.jpg



























・薔薇(ばら)科。
・学名 Rosa : バラ属 


Rosa(ローザ)は、ギリシャ語の「rhodon(バラ)」や 
ケルト語の「rhodd(赤色)」が語源。 


・開花時期は、 5/ 1 ~ 11/25頃。 
春(5~6月)と秋(10、11月)に咲くものが多いようだ。 
夏は暑いのでひと休み。


・いろいろ種類がある。
・とげのある木の総称である、「うばら」または「いばら」(茨)が、 
「ばら」に略された。  
(「茨」は”とげのある、つる草”を総称したもの)


・甘い香り。 
香水の材料にも使われる。
・草丈が20~30cmで、花の大きさが3cmぐらいの 
小さい薔薇を一般に「ミニ薔薇」と呼ぶ。 
たくさん花をつける。


・古代から、繁栄と愛の象徴とされた。 
ギリシャ神話では、愛と美の女神の「アフロディーテ」が 
海から誕生したときに、大地がそれと同じぐらい美しい
ものとして、バラの花を作ったとされている。 

ギリシャ時代には、ビーナスに結びついて、「愛と喜びと美と純潔」
を象徴する花とされ、これが、花嫁が結婚式にバラの花束を持つ
風習につながったとされる。
























a0187196_04072900.jpg





















花言葉

 「美しさが唯一の魅力」













[PR]

# by i_spica_m | 2017-11-22 07:33 | Diaryflower | Comments(0)  

ランタナ

今日のお花は   ランタナ   です
























a0187196_05173916.jpg

























・熊葛(くまつづら)科。
・学名  Lantana camara   
Lantana : ランタナ属 


・開花時期は、 6/20 ~ 11/10頃。     
長い間咲き続ける。

・同じ茎から 微妙に違った色の花を咲かせる。 
まさに色の”七変化”。 


実も、緑→青→黒、と変化して おもしろい。




・別名「七変化」



























a0187196_05173015.jpg



















花言葉

 「心変わり」















[PR]

# by i_spica_m | 2017-11-21 07:39 | Diaryflower | Comments(0)  

ゲッカビジン(月下美人)

今日のお花は    ゲッカビジン(月下美人)  です


























a0187196_04260136.jpg




























・サボテン科の多肉植物。
・学名  Epiphyllum oxypetalum(月下美人)   


     Epiphyllum :エピフィラム属   
oxypetalum :鋭形の花をもつ 



Epiphyllum は、ギリシャ語の「epi(上)+ phyllon(葉)」
が語源。 
花が葉の上の方で 咲くことに由来。 



・メキシコなどの中南米原産。
・夏の夜、白い大型の花を咲かせる。  


花が咲き出すまでに3年くらいかかるらしい。 
また、夜中にしか咲かないため花を目撃できたら 
とてもラッキーでしょうね。(朝になったらしぼむ)


・「孔雀サボテン」の一種。 
姿形もそっくり。   

孔雀サボテン → 昼に咲く   
月下美人   → 夜に咲く 

というところから区別できそう。



・花は、よい香り。
・花のあと、花びらは天ぷらにして食べられる。


・「月下美人」の名前は、夜中に美しい花をつけることから。 
昭和天皇が皇太子時代の1923年に台湾を訪れたとき、 
「この花の名は?」と質問し、隣にいた田(でん)台湾総督が 
「月下の美人です」と答えたことからこの名前が定着した
といわれる。





























a0187196_04255256.jpg
























花言葉

 「ただ一度だけ会いたくて」













[PR]

# by i_spica_m | 2017-11-20 07:32 | Diaryflower | Comments(0)  

スターチス

今日のお花は   スターチス   です






























a0187196_05024999.jpg































・磯松(いそまつ)科。
・学名  Limonium sinuatum   


     Limonium : リモニウム属   
     sinuatus : 強い波状の 


     Limonium(リモニウム)は、ギリシャ語の 
     「leimon(沼、草原)」が語源らしい。

























a0187196_05020716.jpg























・地中海沿岸原産。
・スターチスの名前は、ギリシャ語の「statizo(止める)」に由来。     

・花屋さんでよく見かける。 
 紫や青などいろんな色の花がある。
・ドライフラワーとしてよく使われる。 
 千日紅(せんにちこう)もドライフラワーとして有名。


・「スターティス」とも読む。




























a0187196_05021909.jpg




































花言葉

 「私の心は永遠に変わらない」












[PR]

# by i_spica_m | 2017-11-19 07:48 | Diaryflower | Comments(0)